グランフォンド飯豊 コース下見記 2011/5/15 by naderaman

グランフォンド飯豊のコースの下見に出かけてみた

 さて,今日はコース変更に伴う,コースの下見。変更点は,樽口の集落へのアプローチに百子沢峠はなくて,健康の森・横根のところの朴ノ木峠を使うこと。天気が良く,昨日の雨で中国大陸からの有り難くないお土産が大分落ちたようなので,透明度もそこそこなり。

 8時15分過ぎ頃にマコリンと供にスタート。Edge800J のスタートボタンを押し忘れる(笑)。鬼面川を渡る辺りで気が付いてスタートボタンをポチッと(笑)。いつものように,いつものコースを辿って九才峠の入 り口に。新緑が目にまぶしいぜ。ゲートは開いていた。完全オープン。

1

白川ダムのいつものポイントで。サドル高がメチャクチャ違うって訳でもなさそうな(笑)

 九才峠から胡桃平辺りまでは,山菜採りのお年寄りたちが多数。まあ,どうでもいいけど,通行の迷惑にならないように走って,駐車してくれ。ブラインドコーナーの出口に車を停めるような状況把握のできないバカは山に来るなと言いたい。

 結構な向かい風の中を叶水まで。叶水酒店はスルーして子持ちトンネルへ。子持ちトンネルを抜けて下って行って,いつも大滝方面に曲がるT字 路は直進。この辺りは,小国町内なんだと後で地図を見てわかる。しばらく走って,ちょいとわかり辛い十字路を左折。Edge800J がなかったら,地図と首っ引きでかなりウロウロしたかも知れない。

 田んぼとか畑の中の簡易舗装の農道のような登り基調の道が続く。道は車一台が通れるくらいの幅しかない。お,タラの芽だ!長閑だ。「健康の 森・横根」の看板に従って再び左折。ここから,本格的に登り始める。なにやら,時と場所にそぐわぬマダム風の女性なども散策しておられる(笑)。

2

「通行止」と書かれた段ボールのぶら下がったウマはある。ここを左に入る

 ほとんどの勾配は5~7%だが,10% オーバーの箇所もかなり多く,マコリンによればガーミンに16%なんて表示も出たとか(笑)。終わりかなと思ったら,まだまだ登ると言う具合で,それなり に長い。感覚的には,百子沢峠の方がよほど楽。ようやく,朴ノ木峠に到着。峠の切り通し部分で一気に展望が開けて,正面に残雪の飯豊山が突然現れる。これ は,ある意味サプライズで,かなりのご褒美だった。朴ノ木峠は越後米沢街道十三峠の一つらしい。イザベラ・バードも通った道らしい,.。ここまで2時間40分ほど。ここまでずっと向かい風。本番まで,この峠からの景色は出さないでおこう。

 でも,どうしても見たければクリック。実物はもう少し素晴らしい。 →「朴ノ木峠」

 下り始めるが,かなりの急勾配。これを登り返すのかと思うと少々うんざりする。距離は2~3キロだが,勾配は10%ほどもあるだろうか。マ コリンがガーミンを眺めながら,「あ,13%あった!」なんて言ってるし。足野水のところで,県道15に合流。左折して樽口峠を目指す。

 樽口峠の分岐までもダラダラと登っている。風は向かい風。樽口集落への足水中里の分岐を右折。道端はコゴミの林(笑)。この辺りでは,コゴミなど誰も採らないようだ。

3

樽口観光ワラビ園は開園準備中。今年はかなり遅い。山焼きもまだのようだ。

 樽口峠への登り口には,この時季デフォルトとも言える「全面通行止め」の看板。が,近くで山菜を採っていたジモッティのオッサンに訊ねる と,「ああ,自転車なら大丈夫だろう」というので,通行止めのウマ(でいいのか?)の脇をすり抜ける。登ってみれば車も入り込んではいたから形ばかりの通 行止め。

4

登り口の雪の回廊。気温が上がって,この辺りの雪が崩れ切ってから正式開通なのか?あと2週間なので多分大丈夫だろうと思うけど。

 雪解け水のウォシュレットシャワーに閉口しつつ登る。やがて,道標到着。改めて思うけど,峠の道標の位置からは飯豊山はほとんど見えない。ということで,峠からの飯豊山の眺望は朴ノ木峠の方が数倍上。前の木を切り倒してしまえばいいのになどと,乱暴なことも考えてみる。

5

 停まると,あっという間に小さな虫にまとわりつかれる。山ブユだったら刺される(噛まれる?)と最悪なので,手足をバタバタと動かしつつの会話。傍から見れば,変なオッサンである。おちおち,立ち小便もできない状況。長居は無用と,とっとと展望駐車場に向う。

6

思わず口をついて出るのは「ブラボォ~~~!!」なり

7

ついつい嬉しくなって,こんな写真も撮る

 弁当を拡げているカメラマングループが一組だけ。大会当日もこんな天気になって,参加者の皆さんが,こんな景色を堪能できますようにと山の 神にお祈りしておいた。ここも少しジッとしていると虫がまとわりついてくる。とっとと降りて,折り返し点の梅花皮荘へと向う。新緑と残雪のコントラストに しばし酔い痴れる。

8

梅花皮荘への橋の上から。梅花皮荘,玉川のエメラルドグリーンの水,そして残雪の飯豊

9

0

 奥の川入荘で折り返す。ここまで4時間弱。距離は 87km ほど。思いの外,時間が掛かっている。帰りを3時間半でクリアしても,7時間半。制限時間10時間って,それなりに走っている人じゃないと難しいかも知れない。

10

 昨年の折り返し点だった飯豊山荘までの道はゲートが閉じられている。例年に比べて雪が多く,完全開通は来月になるとか。一旦除雪して,道を 通した後で,部分的に雪崩が起こるので,それが完全に落ち切ってからもう一度通して開通という運びらしい。残念である。まさに,飯豊山の山懐を走る感覚の 道で,天気さえ良ければ最高なんだが..。でも,飯豊山荘折り返しになると往路 93km ほどになる。往復で 20km ほども増えたら,参加者から苦情が出るかも知れない(笑)。

 後は帰るだけ。その前に腹拵えをしようと,いつもの補給地点の「越後屋」さんへ。新潟ナンバーの車が多く,それなりに繁盛している様子。オヤジさんにも顔を覚えてもらったようだ(笑)。そういや,自転車装束でしか来たことがない。

11

飯豊うどんの大盛り。ウルイのお浸し付き

12

店主の遊び心だとかの,ハート型のうどん,3枚入り

13

完食

14

さて,それでは出発しましょうか!

 さて,帰りましょう。県道260を降りて行って,新田橋を渡る。多分,本番のコースは,ここから健康の森・横根の朴ノ木峠へ登り返すんだけ ど,今日は他の箇所も見ておきたかったので,そのまま百子沢峠へと向う。百子沢峠の足水側はピークまでは行けるが,ピークに通行止めのバリケードがあっ た。まあ,自己責任ということで突破。途中,日陰の箇所に一箇所だけ残雪。もう融けているだろうと思っていただけに驚いた。そして,多数の落ちた枝。ワラ ビ園のところの崩落の補修工事が終らないことには,このルートは使えそうもない。

 下って行って,大滝と極楽峠の分岐でマコリンと相談。取り合えず,行くだけ行ってみるかと極楽峠に向う。極楽峠も途中にかなり厳重なバリ ケードが設置されていた。そして,しばらく進むと残雪,..。杉林の箇所には必ずといっていいほど雪が残っており,その度に押し歩き。6箇所ほども歩いた だろうか。自転車がドロドロになって,シューズに水が染み透ったころに,ようやく叶水の新股に到着。倒木多数,落石多数,落ちた枝多数,カーブミラーの支 柱はへし折れた状態等々,どうやら県は,この道を廃道化させてしまう積もりなのか?でも,途中に路肩の補強工事現場などもあるし,訳がわからん。

15

よほど引き返そうかとも思ったんだが,..

 叶水酒店でコーラを補給して,九才峠の登り返しに。胡桃平付近で,朝,白川ダム付近ですれ違ったローディーの一団と再び擦れ違う。どうも, 小国の方々らしい。九才峠の登りに掛かると,次第にマコリンとの距離が開き始める。こちらは9割,マコリン8割程度か。同じことが帰りの菅沼峠でも。最後 のサンマリーナ玉庭の登りでは完全に売り切れの失速状態。登りをもう少しなんとかできないものか。わかっちゃいるけど,ちと悔しい。

 R121 では追い風の助けで 50km/h 近い速度で巡航するマコリンに貼り付いて楽をさせてもらう。ゴールの総合運動公園着は4時少し過ぎ。休憩を含めて,おおよそ7時間50分と言ったところ か。距離は 167km ほど。獲得標高は 2900m 弱と言ったところ。

ガーミンコネクトのアクティビティは以下の通り

往路(押し忘れて少し距離が少ない。実際は87km)

復路

Home